大腸がんは早めに治そう|早期発見のための定期検診

病棟

病状の内容

悩み

体にリンパ節に出来るものには悪性リンパ腫などがあります。これは未だに原因がはっきりしていませんが、治療では化学療法が行われています。それと違った治療には放射線治療があり、この治療も今、求められています。

詳しくはコチラ

がんの完治のために

医者

がん細胞は、自然消滅することなく細胞分裂を繰り返します。しかも血液に乗って全身に転移していきます。そのためがんの治療は、特定の場所の手術だけでなく、細胞分裂を抑える抗がん剤や放射線によってもおこなわれています。これらを続けることで転移がんが防がれやすくなり、がんの完治が可能になってくるのです。

詳しくはコチラ

増加傾向にあるガン

看護師

早期に発見することが大事

ガンというと、日本人の死亡者がとても多い病気です。実は、近年、増加傾向にあるガンとして、大腸がんがあげられます。大腸がんの特徴は、40歳から年を重ねるにつれて一気に増加していることです。大腸がんは、早期の段階で発見して治療さえ行えば、高い確率で完全に治すことができます。なので、それほど恐ろしい病気ではないです。ですが、とても厄介なことに、大腸がんは早期の段階で自覚症状がないです。ある程度進行した場合にのみ、お腹の痛み、便が細くなる、下血、便秘等の症状が有ります。その時に病院にいっても、治療に時間がかかってしまいます。なので、早期に大腸がんを確実に治すには、病院での定期検診がとても大事といえます。

毎日の生活での予防方法

大腸がんになる主な原因は、毎日の食生活によるものです。肉等の高脂質の食品を食べることで、腸に腫瘍ができる確率が高くなります。したがって、予防のためには毎日の食事に気をつける必要が有ります。大腸がんを予防するために効果的な食品として、しいたけ、エリンギ等のキノコ類があります。なぜなら、キノコには「β-グルカン」という発がん抑制成分が豊富に含まれているからです。熱を通しても成分がなくなる心配がないので、炒め物や味噌汁に入れると良いです。また、その他にも黒ゴマにも大腸がん予防効果が有ります。その理由は、腸の働きを活発させてきれいにする働きがあるからです。それと、腸内で強い抗酸化作用を発揮してくれるからです。

どのようなものなのか

女性

初期段階で違和感や異常を感じにくいがんに食道がんがあります。これは高齢の男性に良く見られる症状とも言われています。予防法は沢山あるので、きちんと検査も受けながら、日々の生活習慣を正していきましょう。

詳しくはコチラ

Copyright© 2015 大腸がんは早めに治そう|早期発見のための定期検診All Rights Reserved.